春の担任準備の仕事

もうすぐ新年度に臨む先生へのエール

じぃじ@から、教員が春休みにすべき
新年度の準備仕事について

緊急にエールが届きました〜☆
はら@寺子屋

画像の説明
画像:「本物だった学級の教育力」登校拒否症をぶっとばす17組

・・・ここから・・・

ハラ@じいじは、
本当に楽しい時空間を

教職の36年間、高校生と共生しました。

76歳の今にして、
その秘訣が鮮明に見えます。

それをメモにして「見える化」してみました。


   

生徒一人ひとりの人間の尊厳・可能性に感動する。

感動する教師自らの心に気づく。

こんな「学級指導・授業」が、幸せの源です。



幸せの源を保障する「学級指導・授業」には
共通して
普遍的な二つの必須要素が在りました。

(1)高校生の「一番大切な〇〇」を、学級・授業で保障する。
(2)「一番大切な〇〇」とは、「友だち・家族」がダントツである。(20年間の生徒の声)

この二つの必須要素を具体化する実践の概要と
生徒の人格発達の様子を

【学級担任編】で紹介します。


【学級担任編】

新年度/事前の心得 

学級担任は、すべての生徒がもつ

・生きる意欲
・人格の発達

に貢献する「黒子役であることの自覚」が大切です。

そう!
学級の「シュタイ者は、生徒」☆

この当たり前を、改めて自覚するところから〜
(はら@寺子屋のつぶやき)

教育の舞台である学級で
「生徒一人ひとりが主役として、人格を発達させる」

それに担任が貢献するために・・・

係の仕事を、生徒一人ひとりが主体的に担う。
「仕事を担う喜び」の経験を、担任が保障する。

・当番決めは立候補制
・一人一役以上
・週番日直制の実施

これらを継続して活動することで、実現しました。 



(1)当番決めは立候補制

立候補制の「係一覧(例)」です。

・組長/2名
・議員/2名
・教務/2名
・学校行事/4名
・学習/4名
・学級新聞/3~6名
・学級環境美化/2名
・購買でパンの注文/3名

これ等を、係活動を表に書いた黒板へ
3日以内に生徒全員が自ら署名(立候補)することで、決定。

立候補したものは、全て採用されます。



(2)週番日直制

週番日直制は、生徒自ら立候補した
学級での係活動を持続させる仕掛けです。

日直が、朝夕の会を司会します。

>〇〇係さん、報告をお願いします。
>はい!・・・・です。

こうした毎日の積み重ねが

学級の主役である生徒一人ひとりの

初心を忘れず、責任を担い続け

人格成長することを、支えます。



(3)企画委員会

企画委員会を創ります。

構成メンバーは、
「係一覧」の各係から1名選出の計8名。

担任は黒子の顧問に徹します。

原則、隔週の昼放課に委員会を開催し、

議論した「学級の課題」を学級会で報告・提案して
「学級の総意づくり」に貢献します。



・・・



これらを実践し続けた学級は、
生徒が生き生きと学級自治活動を楽しみ、
落ちこぼし無し!

「中途退学者3割」が何年間も続いていた
工業高校土建科クラスが

「退学ゼロ」に!

一体、どのようにして達成されたのか?

それは、

主役である生徒一人ひとりが

「一番大切な〇〇」である
友だちと一緒に卒業するために

チカラを合わせ、発揮して、達成しました。

・・・担任は、黒子として彼らを支えたのです。

(参考資料:冒頭の画像)



・・・



はら@寺子屋です。

さて、この春休み

生徒一人ひとりがチカラを発揮できるような仕掛け
あなたは、どのように準備しますか?

メルマガ「ハラのふくれる葉書」では

・授業準備は〇〇のうちに!
・はじめの〇〇が勝負ぢゃ!
・〇〇の子どもなんて、いない!
・希望を決意にシフトする
・授業開きは○○から
・授業開きのポイント

・・・と順次、配信されます☆

まだ登録されていない方は
この機会に、是非どうぞ。

メルマガ登録(無料)