実践の前に人生を振り返る

はら@寺子屋です。

わたしは、
じぃじ@とは別ルートで

シュタイナー教育の学びから

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
子どもが喜びを感じながら学ぶ
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
方法を
探ってきました。

そして、

いざ「実践方法を公開!」

という段になって

筆を書く手がパタリと
止まってしまったのです。

(・・・・何か、おかしい。)



同じようなことを

じぃじ@も
原稿を書きながら感じたようで

教育実践の具体的な方法に
入り始めたところで

ふと、筆を止め

「じぃじ@人生キャンバス」
シリーズへと
移っていきました。



============
「技術」だけ、マネしても
それは
「ウソ」だ・・・
============

ちょうど就職活動している
ムスメにわたしが送った

興味深いBlog記事を
あなたにも紹介します。

面接官の前に立つ
就活生だけでなく、

子どもの前に立つ
大人にもピッタリ!な話。

>女子大生Cちゃんの話。就活ほどの勝ち戦は、ない!

・・・ここから・・・
(記事より一部抜粋)

なんで受かったんですか?

簡単だよ。

嘘をつかなければいい、
それだけ。

あんな勝ち戦、
他になかなかないよ。

・・・

嘘をつかないって、
具体的にどういうことですか?

んーー。
究極、
「あるがまま」という意味の
「わがまま」であることだね。

・・・

本質、またはプロセス
吹っ飛ばしてる。

そうすると、
どこかが必ず歪む。

・・・ここまで・・・

そうなんだよぉ。

じぃじ@の
「ハラのふくれる授業」の

本質は

じぃじ@人生のプロセス
「どんな人生を経てきたのか」

に、あるんだよぉ!

・・・はい、ここで@じぃじ登場・・・

人生経歴から得る
「生きる価値」の
一つひとつを

何時でも
何処でも
裏切らない「生き方」を

頑固に
自分に正直に
貫いた。

仕事も
闘病も
趣味も
広がったが

何も
後悔は無い!!

「これで良いのだ!」

人生は・・。


バカボンのパパ

2度目の登場/バカボンのパパ

自分に正直に生きる
人間社会でなきゃあ

世の中は暗く

多様な個性が消滅した
「のっぺらぼう社会」だ!

想像するだに、おぞましい!

厭じゃ
厭じゃ!!

だから、

わしには、

教室で
トゲトゲに尖がった
高校生ほど

可愛かったなあ!

・・・はい、ここまで。・・・

そして、

じぃじ@こそが

「ゴーイング・マイウェイ」
「あるがまま・わがまま」の

権化だから!

歩く
「ワ・ガ・マ・マ」

だから!

・・・って、ことで

まだ読んでないアナタは

「じぃじ@キャンバス」
シリーズを読破して下さいね。

リンク先から☆どうぞ〜

「じぃじキャンバス」
1.ハラのふくれる授業のルーツ



ハラのふくれる授業の本質=

じぃじ@の人生プロセス
知って頂いたところで、

具体的な
「教育実践のコツ」シリーズをはじめます。



「教育実践のコツ」シリーズも読める
「ハラのふくれる葉書」無料メルマガ登録は  こちら☆