Re.15自分の本当の声を聴く

こんにちは。
いつもメルマガ「ハラのふくれる葉書」を
ありがとうございます。

自分の本当の声を聴く。

そのことを
すんなりと実行に移して

さらに、

実際に行動されたじぃじ@は
すごいな~って思います。

生きていくうちに

他の人から影響を受けたり
自分の考えが変わってきたりして

今までの価値観が覆されたり。

今まで縛られていたものが

そんなに大事じゃないって
思えてきたり。

今まで見えてなかったものが
見えてきて、

それが大切なものになったり。

そうすると、
よくないと分かっていても

今までの自分を
否定したくなったり。

まるで
迷宮に迷いこんだような気持ちに
なることがしばしば。

画像の説明

映画「ラビリンス/魔王の迷宮」1986

子どもさん達に関わる仕事上、

他人のお子さんには
ゆったり寄り添う気持ちに
なるものの、

いざ、中三の我が子達
(我が家は双子なので、
受験生が二人!)に対しては、

テストの順位や
苦手なことに対して
ナーバスになったり。



自分も、
我が子達も、
他人のお子さんに対しても、

そして、
私の周りの大人に対しても

心の声に耳を傾けて
尊厳を守らなければ。



幸運なことに
今日は久々の私の休日。

今から
美味しい紅茶でも淹れて、

自分の心の声を
聴いてみようかな。

・・・

じぃじ@です。

Nさんからのお便りを
うれしく拝見。

生きておる限り
あなたの言われるような

「迷い」が
誰にだって在るんでしょうな。



勿論、じいじ@にも
在ることも・・・在るが、

滅多に無いね。



自分で気付くのだが、
「踏ん切りがサッパリ!している」

のが、特徴だね。

それはなぜか?
と思い考え、自問自答すると

答は、
じいじ@キャンバスシリーズに
在ります。



それは、

物事に出会うと

思い
考え
実行し

試行錯誤を繰り返しながら

自分の納得できる
「真実」に収斂するまでの
時空過程を、俯瞰する。

(迷宮を俯瞰する!)



それと同時に、

「どう推移するか」と
予想を楽しむ癖が、あること。

(迷宮を楽しむ!)



これって
科学の方法だね。

ワシの脳には
科学的に考える「刷り込み」が
在るようです。



刷り込みの正体とは、

ワシの人生体験が描いてきた
キャンバスだ。

そして、
誰もが
それぞれに

人生キャンバスに描かれた
個性がある。



ワシの

屑拾い
アイスキャンデー売り
新聞少年など

その時その時に

思い
考え
行動した

それぞれの体験が

ワシの癖/個性に
なっておるわけだ。



染色工から
理科教員への変身は

自分の本当の声を聴く
感性を研ぎ澄まし、

その声に
素直に生きた結果だ。



それは
気持ちいいものだし、

大切にしたいことだ
と思っています。



「一寸先は闇」
って本当だから、

(今だって、上半身コルセット!)

自分に素直でない時間を
生きてる暇なんか無いやー!

ってのが、
ワシの毎日です。



あなたからのお便り
楽しみにしていますよう。

では、またね。