「分数の授業」じぃじ@感想

学力もバラバラな特別支援学級で
==========
いかに楽しく
彼らの個性を生かして
==========
一斉授業を行うか。

はら@寺子屋の
実践レポートです。

分数のケーキ屋さん
http://teracoya.net/index.php?QBlog-20150301-1

分数「式と計算」に挑戦する
http://teracoya.net/index.php?QBlog-20150301-2

1ホールケーキの深い意味
http://teracoya.net/index.php?QBlog-20150304-1

それに対する
じぃじ@の感想です。

▼・・・ここから・・・▼

普段は知らない
特別支援学級の様子を

一般の人が具体的に想像できる
レポートになっています。

【授業展開の良さ】

>心身の準備をしている。
(集中し合うことが大切)

握手
声掛けetc.



>五感を活用している。
(具体から抽象への概念形成)

具体物の教材
色画用紙
切る
貼る
黒板に移動する



>心を送りあっている。
(お互いに讃えあうことの大切さ)

一人ひとりの発表に対して
みんなで拍手する



>アフターフォローしている。
(一人ひとりを支援する大切さ)





【追加で欲しいこと】

このレポートでは
わかりかねた部分です。

授業で分かった気になった内容を
「確実な学力」にするために、

復習としての「宿題」を奨励し、
補強します。

そのとき、

宿題を教師が集めて
チェックすることは、しません。

宿題をやってくれば、

=======
次の授業内容が
よく分かり
========
授業が
楽しくなることを
========

生徒自らが
実感できるから

宿題をチェックする必要がない
のです。



教師は、添削よりも

=========
学力をつける宿題
学ぶ喜びのある授業
=========

自分の生徒のために
準備することへ

チカラと時間を注ぎます。

・・・

それでは、
レポートがんばって。

▲・・・ここまで・・・▲

>「宿題」にするのか

小学校なら、
午後の授業を

>「演習の時間」にするのか

いろいろ
方法はありそうですね。



と、思ったら

ペンシルバニアの
シュタイナー学校が

分数の演習に
ちょうど良さそうな画像を
Facebookに載せてくれました。

分数

The Waldorf School of Philadelphia©

美しく学ぶ
授業の様子が伝わる画像です。

メルマガでは

どんどん☆読者の感想なども
シェアさせていただきます。