ヒトは真っ白な〇〇だ

じいじ@です。

「ついに・・出た・・か?!」

教育の本質にとって
一番大切な課題を

じぃじ@の初孫と同い年で
地元の名門大学に通う

女子大生による
殺人事件の報道で

突きつけられました!

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
ヒトとは、どんな生き物か?
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

ヒトには、他の動物とは
本質的に異なる特徴がある。

ワシには、常に
教育実践の基底にしていた

「人間観」があります。



今日の一言★ーーーー
ヒトは、1枚の
「真っ白キャンバス」として
この世に生まれて来る生き物だ
ーーーーー★


画像の説明

今回の事件は、

〜〜〜〜〜〜〜〜〜
人格形成期の歪みと
知識偏重教育が
〜〜〜〜〜〜〜〜〜
密接に関連している

このことを象徴する
傍証例の殺人事件である

と、考えています。



ワシが基盤にして来た
人間観は

========
ヒト→人→人間
三階層発達理論
========
と言います。

この理論は、

36年間にわたり
出会った高校生9千人と共にした

実践と検証の毎日で
構築しました。

と、同時に

その実践と検証の毎日が

三階層発達理論の
正当性を
実証しています。



その理論の
3つのベース/基盤を
見ていきましょう。

基盤その1▼-------

私たち人間=ホモ・サピエンスは

生物進化史における
脊椎動物・哺乳類・ヒト科の
生物です。

一人ひとりが、1枚の
「真っ白キャンバス」として
誕生します。



基盤その2▼-------

「真っ白キャンバス」とは?

他種の生物とは大きく異なる
「ヒト」の特徴は

巨大な脳によって
=======
多種多様な
全方位の可能性
=======
を発現する
潜在能力があること。

その事実が、

何でも描き込める
「真っ白キャンバス」
と呼ぶ所以です。



基盤その3▼-------

「ヒト」の潜在能力は
あくまでも未発現能力。

まだ現れていない
能力であり、

この能力を発現するには

必須の

要素
時期
環境etc.

が、あります。

誕生後の
生育・教育環境が

これらを偏りなく
保障するとき

心身ともに
自立能力を獲得して

ヒト→人→人間となります。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
事件の核心は、この部分だ!
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

ヒトと近縁の
草食哺乳動物(牛や馬など)と
比較すれば、一目瞭然です。

彼らは

誕生後1時間もすれば
母親と歩き走るように

プログラムされています。

間違えたり
欠落したり
することもなく、

特別に
学習しなくとも

能力を発現しています。

それは、本能です。



しかし、

私たち「ヒト」は
1年たっても、まだ走れない!

もちろん、

「ヒト」は
その間にも

すばらしい能力獲得のために
たゆまなく時空エネルギーを
費やしています!

が・・・。





〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
人格形成期の歪みと
知識偏重教育の密接な関連
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
は、
「教育の本質」
に関わる課題です。

緊急に
考えていきましょう。

・・・

続きはメルマガで。